ささみと小松菜の炒め物

1
小松菜とささみ

小松菜の底力を油で炒めて引き出します。
久松農園の小松菜は味がしっかりあるので、
肉に下味をつけておけば、少しの塩でおいしくいただけます。
小松菜は強火で攻めて、ところどころ焼き色がつくくらいワイルドに。
同じ小松菜でも味にメリハリをつけてよりおいしく。
余熱が回るので、くたっとしてくる手前で火を止めてください。

材料
2人分

鶏ささみ肉 2本

小松菜 2株(160g)

にんにく 1かけ

ごま油 大さじ1

片栗粉 適量

酒 小さじ1

しょうゆ 小さじ1/2

塩 ひとつまみ

あらびき黒こしょう 適量

 

作り方

1 小松菜は長さ3cmに切る。にんにくは半分に切って包丁の腹でつぶす。

2  ささみは筋を除き、そぎ切りにしてキッチンペーパーで水気をふく。
酒、しょうゆをもみ込み、下味をつけ、片栗粉をまぶす。

3  フライパンにごま油とにんにくを入れて熱し、にんにくの香りが出てきたら、
ささみを両面色よく焼き、いったん取り出す。

4  小松菜を強火で炒め、かさが減ってきたらささみを戻し入れ、塩、黒こしょうをふる。

噛めばかむほど味わい深い小松菜。
今年の冬も存分に楽しみましょう!

 

 

Post your comment