そら豆と桜海老のパルミジャーノ

1
リサイズそら豆ソテー

フカフカのさやに包まれ、みずみずしい久松農園のそら豆。
毎年、その美しさにうっとりしています。
今回はにんにくとオリーブオイルで炒め、白ワインにぴったりのおつまみに。
桜海老とパルミジャーノレッジャーノのコクに負けないくらい
そら豆の風味が引き立ちます。

材料 2人分

そら豆(塩ゆでしたもの)25個くらい
桜海老 3g
にんにく(薄切り) 1かけ分
オリーブオイル 大さじ1と1/2
塩 ひとつまみ
パルミジャーノレッジャーノ 適量
あらびき黒こしょう 適量

作り方

1 そら豆は薄皮から出す。

2 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて熱し、
にんにくの香りが出てきたらそら豆を加えて炒める。

3 オイルが少なくなってきたら桜海老を加えて塩をふる。

4 器に盛り、粗く削ったパルミジャーノと黒こしょうをかける。

塩気を強めにすれば、このままパスタの具にもなります!
塩ゆでしていただくだけで十分においしいのですが、
濃厚なソテーもぜひお楽しみください。

 

 

Post your comment